絵本の世界をつむぐ刺繍作家・高石由利子

( 読み聞かせをしていた絵本たち )

今から30年以上前、それが本当のはじまりです。一枚のフェルトでできた掛け軸に施されたピーターラビットのアップリケ。母が私に作ってくれた想い出の一枚です。思えば、小さいころから母の大きな裁縫箱が大好きでした。小さい私には宝箱そのもの。キラキラ光るボタンや素敵な端切れ、色とりどりの糸や待ち針。手作りの喜びを教えてくれたのは母でした。
 
そして時を経て、二人の子供の母となった私も自然と手芸の世界に。。。母がピーターラビットの刺繍を施してくれたように読み聞かせしていた「くまのがっこう」の挿絵をもとに

刺繍をはじめました。子供たちが大好きだった絵本の世界を大好きな手芸で表現できる楽しみは子育ての楽しみになりました。何かを夢中になれる幸せ、表現できる幸せ、伝えられる幸せ。そんな幸せをお伝えできればと思い活動させていただいています。

( 壁に貼っていた掛け軸 )

(子供たちの幼稚園バック)

( 絵本の1シーンをモチーフにした刺繍 )

( 絵本の世界をつむぐ )

Relife(レリーフ)それは浮き彫りという意味。絵本の世界がそのまま飛び出てきそうなイメージを手芸の世界にとりいれました。フェルトと刺繍糸だけで作り出す刺繍表現です。一針一針の針の動きで細かい丁寧な仕上がりに。始まりは30年以上前、試行錯誤をくりかえし、そして時を経て今のような形になりました。まだまだ現在進行形。施した刺繍はカルトナージュにアバジュールに、子供たちのポシェットに。。。。様々なかたちに生まれ変わります。

( ピーターラビット作品 )

( くまのがっこう作品 )

一枚のカルトン(厚紙)からいろいろなフォルムを作り出せるカルトナージュ。素敵な生地のコラボレーションからなる小宇宙。立体でも平面でも自由自在に自分の思いをかたちにできる喜びに魅せられてしまいました。思い出の生地に大好きな刺繍をそしてカルトナージュに。。。大切な思い出の物を素敵なカルトナージュBOXへ、ちょっとした贈り物にも素敵なインテリアとしても楽しめます。

 

( これまでに手がけた作品 )

「abat-jour」アバジュールはもう少し聞き慣れた言葉でいうとランプシェードのこと。
日本ではあまり習慣がありませんが、フランスでその歴史は中世の時代にさかのぼるとも言われています。シンプルな部屋に素敵な照明があるだけでそこはお好みの空間になります。
素敵なリネンに少し刺繍を施して寝室のbedsideに子供部屋には目一杯かわいらしい柄の生地で、、、